一般歯科診療

虫歯について

虫歯とは?

  虫歯とは、口の中の細菌(ミュータンス菌と呼ばれる)が糖分から歯を溶かす酸を作り、それによって健康な歯が侵蝕されてしまうものです。糖分というと砂糖を思い浮かべがちですが、「糖」は米やパンなど、とても多くの食べ物に含まれている成分です。

虫歯とは?

虫歯の原因

  虫歯の原因は「歯垢」と呼ばれるものです。良くテレビのCM等で耳にする言葉だと思いますが、プラークとも言います。この歯垢(プラーク)は、ただの食べカスでは無く、非常にたくさんの細菌が集まっているものです。この細菌たちが糖を分解して酸を作り、その酸が歯を溶かす、それが虫歯です。
  人間の口の中は、基本的には中性に保たれています。しかし、糖分が口の中に入ると細菌がどんどん酸を作りだし、口の中が酸性になってしまいます。そしてある一定の濃度に達してしまった時、歯は耐えられなくなり溶けてしまうのです。口の中は酸性になった場合、自動的に中性に戻っていくのですが、この時間差が長ければ長いほど歯が溶けて虫歯になってしまうというわけです。

虫歯になってしまったら

  虫歯になってしまうと、ズキズキとした痛みが口の中に広がり、美味しく食事ができなくなってしまい、痛みで睡眠が妨げられるといった非常に不愉快な事態になります。さらにここで痛みを我慢していると痛みが治まることがあるのですが、それは神経が死んでしまったという危険な状態であるという信号です。これを放っておくと、細菌が増殖して他の健康な歯までも危険に晒されることになってしまいます。最終的には歯を抜かなくてはならなくなり、その後の生活に大きく悪影響を及ぼします。虫歯は一度なってしまったら、自然に治癒することはありません。早期に発見、治療ができれば軽い治療で済みますので、口の中に違和感が生じたら早急に歯科医院を受診されることをお勧めします

キシリトールガムと虫歯予防

キシリトールガムと虫歯予防

  最近のガムの宣伝などで、キシリトールという言葉を良く耳にすると思います。キシリトールとは糖の代わりになる代用甘味料で、虫歯の原因となる酸をつくる細菌(ミュータンス菌)が好きな栄養分を含んでいません。そのため栄養不足でミュータンス菌が減っていき、歯垢が減り、歯磨きでピカピカの歯が出来るようになります。しかしここで勘違いしてはいけないのは、キシリトールガムだけで虫歯を予防するのは中々難しいことなのです。これだけで本当に予防しようと思ったら、キシリトール含有率100%のガムを1日に何回も噛まなければなりません。なので、認識としては「食べても虫歯にならない」程度に考えておくといいかもしれません。

ページのトップに戻る

歯周病について

歯周病について

歯周病とは?

  歯の根の部分は歯槽骨というあごの骨の中にうまっています。そして、そのあごの骨を守っているのが歯茎(歯肉)です。つまり、あごの骨や歯肉によって歯は支えられているのです。歯周病とは、歯を支えている歯肉や骨に起こる病気で、歯肉炎と歯周炎にわけられます。歯茎が赤く腫れたり出血してしまう状態を歯肉炎といいます。
  しかしこれがあごの骨、つまり歯槽骨にまで及んでしまうと歯周炎となってしまいます。歯周炎になると、歯がぐらついたり歯茎から膿が出るといった症状が起きます。

タバコと歯周病

  喫煙による健康への影響は様々ですが、お口の健康にも大きな影響を及ぼしています。喫煙は唾液の分泌を抑制するため、唾液による自浄作用が減り、お口の中が不潔になりやすく、歯周病の原因となるプラーク(歯垢)や歯石が付着しやすくなります。
  また、タバコに含まれるタールが歯の表面に付着することにより、プラークがとても付きやすくなります。その結果、歯周ポケットが深くなり、歯周病が進んでしまいます。さらに、タバコに含まれるニコチンは歯肉の血管は収縮させ、血液の流れを悪くします。そのために、歯肉に酸素や栄養が行き渡らず、歯肉の抵抗力が弱まり、歯周病を進行させます。
  タバコを吸う人は、吸わない人と比べて、歯周病の症状である口臭に関心度が大変低いといわれています。そして、気がついたときには重度の歯周病になっていることが多いのです。
  このようなことから、喫煙者はタバコを吸わない人より高い確率で歯周病にかかりやすく、歯を失う確率も高くなります。また、歯周病の治療を行っても予後がよくないと言われています。

下左写真はたばこを吸わない健康な歯肉、下右写真はたばこを吸う方の歯周病の歯肉です。

たばこを吸わない健康な歯肉

たばこを吸う方の歯周病の歯肉

ページのトップに戻る

予防のための正しい歯磨き

虫歯、歯周病予防に一番効果的なモノ

  口の問題について、歯医者さんに通っているから大丈夫という考えは捨ててください。健康な歯を保つために一番必要なことは、毎日の歯磨きです。年を重ねるにつれて可能性の増える歯周病ですが、早期の段階であれば自宅のケアで完治することも可能です。そのためにも正しい歯磨きの知識を身につける必要があります。

歯ブラシの選び方

  歯を1本1本満遍なく磨くには、小さくて小回りのきく歯ブラシを選ぶの良いと言われていますが、最近のメーカーの調査ではある程度の大きさが無いと効率が悪くなってしまうという結果が出ています。大体の目安としては、ブラシ部分の幅1cm以内、長さ2〜3cmのものを選びましょう。ブラシ部分の硬さは、硬いものは口の中を傷つけてしまうために避け、歯茎が弱っている人は柔らかめを、慣れてきたら普通のナイロン毛のブラシを選ぶと良いでしょう。

可知歯科医院の診療台

歯ブラシの持ち方

まずは鏡の前に立ちましょう。ぼーっとしながら歯みがきをしても口の中はあまり綺麗になりません。お化粧や髪型のセットと同じ様に細部に至るまでの注意が必要となります。 そして、歯ブラシは意外(?)にも強くしっかりと握ってしまうと、毛先が倒れてしまい歯や歯茎を傷つけてしまいます。持ち方としては鉛筆の握り方をイメージし、こんな軽くていいのかな?と思う程度の力加減がベストなのです。

歯磨きのタイミング

歯磨きに一番重要なのはタイミングです。お皿洗いを想像していただくとわかりやすいと思うのですが、すぐに洗えば水洗いで落ちる汚れも時間が経つと硬く張り付いてしまいます。歯もお皿と同じで、食後すぐに歯磨きをすれば、食べかすがプラークになる前に簡単に除去できるために最も簡単に効果が得られます。

正しい歯の磨き方

歯を上手く磨けていない人たちによくある磨き方として、歯磨き粉を沢山付けて、ゴシゴシと強めに磨く方法が挙げられます。しかし、多量の歯磨き粉の使用は実は黄ばみの原因となることがあります。歯磨き粉の中には研磨剤が入っているので必要以上に使用するとエナメル質を傷つけてしまい、その部分から汚れが入り込んでしまうのです。そのため歯みがき粉は歯ブラシの1/4程度の量が適量となります。また、ゴシゴシと強い力で大きく動かす磨き方では細かいところまでケアが行き届きません。時間と手間はかかりますが、1本ずつ丁寧に磨いていく必要があります。軽い力で小刻みに1本ずつ磨くことを心がけましょう。 一般的な正しい歯の磨き方は、バス法と、スクラピング法と呼ばれる2つの磨き方があります。前者は、歯と歯肉の境目に45度くらいの角度になるようにブラシをあて、に磨く方法で、後者は、歯に外側に対しては垂直にあて、歯の内側には45度にあてて磨くという方法です。ご自分にあった磨き方を歯医者さんに御相談ください。 毎日の歯磨きは何よりも虫歯の予防に繋がります。正しい知識を持って健康な歯を作り上げましょう。

正しい歯の磨き方

ページのトップに戻る